FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

レコメンドエンジンをオープンソースで公開

ライブドアは12月24日、独自開発のレコメンドエンジン「Cicindela」(シシンデラ)のソースコードをMITライセンスで公開した。ラボサイト「livedoor ラボ『EDGE』」の取り組みとして、Google Code上で配布している。

 「このページを見た人はこんなページも見ています」といったおすすめ機能を、既存のサービスに追加できる。「livedoorニュース」「livedoorグルメ」など同社のサイトで稼働しているエンジンで、PerlとMySQLによる高速動作やカスタマイズ性の高さなどが特長。ASP提供も予定している。

 開発者支援を目的に公開した。開発者がCGMサイトにCicindelaを導入することで「サイト内の回遊が増え、ユーザーにより良いコンテンツを提供できるようになり、ネット全体の活性化につながる」と期待している。

 Cicindelaは虫の名前で、人が近づくと飛んで逃げ、すぐ着地するという動きを繰り返す。人を誘導して次の道を教えているかのように見えるため「ミチオシエ」とも呼ばれており、「ユーザーのし好をとらえ、次の選択肢を与えるという意味で同サービスとシンクロしている」ことから名付けた。
スポンサーサイト

3000人以上の給与明細がWeb上に流出

なんと、3000人以上の給与明細がWeb上で公開されるという。

といっても個人情報が流出してしまったのではなく、企業評価サイトの調査結果が公表されたものだ。株式会社グローバルウェイが運営するビジネスSNS「キャリコネ」のコンテンツ「企業レビュー」がリニューアルされた。これまで以上に充実のコンテンツが揃っている。

今回のリニューアルで最も目を引くのは、インターネットサイトでは日本で初となる、「働く人による給与明細の公開」だ。大手企業をはじめとする、3000人以上のビジネスマンの給与明細や、勤務している会社についてのアンケート結果がWeb上で公開されている。

ユーザがそれらを見るためには、自身の給与や勤務している会社についてのアンケートに回答する必要があるとのことだ。これにより、同業他社の実情を知れるほか、自身も回答者の一人となるため、情報量がますます増えていくという仕組みだ。

サイトではおよそ10万社の企業に対する評価アンケートの投稿および閲覧、そして、その会社の従業員または元従業員による、企業に対するクチコミの投稿・閲覧が可能となっている。

「キャリコネ」を運営する株式会社グローバルウェイは、「企業について働く人が正直な意見を挙げ、皆で共有することで企業をより良く変えることができる」とその意義を話している。単なる誹謗中傷で終わってしまうことなく、建設的な議論が展開されることを期待したい。

AppleがMacworldから撤退

米Appleは12月16日、米IDG World Expo主催のMacworld Conference & Expoへの出展を1月のサンフランシスコを最後にすると発表した。

 1月6日に行われる、Appleにとって最後のMacworld基調講演はワールドワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長であるフィル・シラー氏が行うとされ、恒例となっていたスティーブ・ジョブズCEOの名前はない。

 Appleは撤退の理由として、同社が顧客と交流するための方法として展示会が占める比率が極めて小さくなっていること、毎週350万人が訪れるApple Retail Storeがあり、Apple.comから数百万人に対して直接リーチできることを挙げている。

 また、NAB、Macworld Expo/New York、Macworld Expo/Tokyo、Apple Expo(パリ)からはこの数年で既に参加を取りやめていることを付け加えている。

仮想アイテムビジネスが持つ脅威

Mixiがオープンプラットフォーム開発をサードパーティと進める姿勢を示したり、自由登録制度への移行を発表したり、15歳以上の子供達の加入を認める動きを始めています。これは会員数やページビューの伸びが以前より鈍化し、国内のライバルの追い上げが予想以上に厳しいからと言われています。


国内のライバルと思われるのはモバゲータウンを運営するディーエヌエーと2008年12月に上場するグリーです。


ちなみに三社の参加者数は以下の通りです。

▲ Mixi      1,568万人(2008年9末)
▲ モバゲータウン 1,208万人(2008年11月)
▲ グリー     700万人(2008年10月19日)

Mixiは7月13日に1,500万人を超えています。確かに一時に比べて伸びがやや鈍った感はありますよね。


 とっても面白いのはモバゲーは兎も角、グリーの方が儲かっていると言う売り上げ予測が物議を醸している点でしょう。

 これは色々なところで聞く話です。例えば東京IT新聞の一面のトップ記事が取上げています。(2008年12月9日付け)


★ ★えっ?! mixiよりGREEの方が儲かってるの?
http://japan.cnet.com/blog/techlayer/2008/11/21/entry_27018102/

★ ★ グリーの株式公開が承認--新規上場マーケットは同社の「待ち」状態
http://v.japan.cnet.com/news/article/story/0,2000067548,20383980,00.htm


さて12月17日に東証マザーズ新規上場予定のグリーの2009年6月期決算予想は以下の通りです。

 ▲ 売り上げ予想  99億円
 ▲ 経常利益    58.7億円

 引用(「グリーの株式公開が承認--新規上場マーケットは同社の「待ち」状態」より)
引用:

「2009年6月期業績は、売上高が前期実績比3.37倍の99億円、経常利益は同5.58倍の58億7000万円を計画する。」

 引用終わり

これは前期の3.4倍の売り上げです。凄いですね。


一方 mixiの売り上げ予想は以下のようになっています。

▲ 売り上げ予想 130億円
▲ 経常利益予想 38億円
(出所 平成21年3月期 第2四半期決算短信(非連結))  


ちなみに決算見通し修正後のディーエヌエーの決算予想(2008年3月)は以下の通りです。

▲ 売り上げ予想  370億円(420億を下方修正)
▲ 経常利益予想  146億円(176億円を下方修正)
(出所 http://www.c-direct.ne.jp/public/japanese/uj/pdf/10110213/20081028162069.pdf

 さて三社を比較すると確かにグリーの売り上げと収益が目立ちます。


★ 仮想アイテム系の売り上げの重要な意味を見落とすな!!


 本題はここからですが。
まずmixiはアバターを持ってない、仮想通貨も持ってないのでマイクロ取引=仮想アイテム系の売り上げはゼロです。


モバゲータウンが四半期で40億円程度のマイクロ取引(アバターの衣装や壁紙など)で稼いでいるのは有名な話です。今回グリーも「新規上場のための有価証券報告書」でマイクロ取引について言及していますが、アイテムとしてのゲームも含めたマイクロ取引の売り上げ割合は明らかにされていません。


収益構成のところは①広告メディア収入 ②有料課金収入となっていて内容の内訳までは数字が出ていないんですよね。


グリーでは「着せ替えプレミアム」とか「ゴールドによるアバター及びSNS連動型ゲームの購入」がマイクロ取引に当たると思います。
欧米ではマイクロ取引が今や仮想社会サービスを超えてSNSのフェースブックなどで重要な収入源ないしは新たな広告の手段として今大注目されています。

Sleipnir 2.8.4 公開

フェンリルは8日、Webブラウザ「Sleipnir 2.8.4正式版をリリースした。対応OSはWindows Vista/XP/2000/Me/98。フェンリルのサイトから無償でダウンロードできる。

 Sleipnir 2.8.4では、ページ読み込みに関する処理を最適化したほか、「ActiveGeckoBrowser プラグイン」のプリインストールを廃止した。プラグインとしての配布は行う。「Roboform」と「マカフィー」もインストーラから外した。

 また、実行ファイルの説明を「The most customizable web browser」から 「Sleipnir」に変更。Sleipnirオプションにある「ActiveXのダウンロードを許可する」のデフォルト設定をONに変更した。初回リンクバーに「iPhone」「Google Links」を追加した。

 このほか、既定のブラウザに設定をしても、既定のブラウザにならないことがあった不具合や、ビューを最大化しているとき、有効でないウィンドウ操作の一部が有効になっていた不具合などを修正している。

| ホーム | 次ページ
Page Top↑
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。