FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ゲーム業界に飛び火 深刻なリストラ問題

「ゲームは不況に強い」とする調査結果が出ていますが、ゲーム業界にはリストラの嵐が吹き荒れています。

EAはリストラを行い、全世界の従業員の10%を削減すると発表しました。少なくとも9カ所のスタジオ及び販売拠点が統合・閉鎖され、1億2000万ドル(約108億円)の経費を削減するとのことです。対象となるスタジオには『ニード・フォー・スピード』シリーズのBlack Boxも含まれており、予断を許さない状況となっています。

Factor 5はスタジオの半分に当たる37人をリストラします。Factor 5は『RISE FROM LAIR』や『スター・ウォーズ ローグ スコードロンII』などのゲームを手がけた実力派の古株開発会社。従業員がブログで賃金未払いを告白したほか、スタジオが閉鎖されるという噂が流れるなどしていましたが、半数に当たる37人が解雇されることとなりました。同社はWii版『パルテナの鏡』を開発中という未確認情報もあり、今後の動きに関心が集まりそうです。

Aspyrはスタッフの3分の1をレイオフします。Aspyrはオーストラリアのゲーム開発会社で、『Supreme Commander』のXbox360版や『ギターヒーロー3』のPC版などを制作しています。「レイオフによって有能なメンバーと大切な友人を失うことになるが、改革するためのステップである」とのこと。

規模の大小を問わず、金融危機は深刻な影を落としており、規模縮小からスタートする2009年の海外ゲーム界がどのような作品を発表していくのかが注目されます。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。