FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ウインタースポーツシーズン到来! スノーボード・スキー 出かける前に

いよいよ、ウインタースポーツシーズン到来 スノーボード、スキーのシーズンがやってきますね。

雪山を見ると心が騒ぐ…。

美しい大自然に囲まれてダイナミックにスキー&スノーボードを楽しみたい!

その前に・・・

私をスキーに連れてって を見て気持ちをモンモンとさせちゃおう。




『私をスキーに連れてって』(わたしをスキーにつれてって)は、1987年11月に公開されたホイチョイ・プロダクションズ製作、原田知世主演の映画である。『彼女が水着にきがえたら』・『波の数だけ抱きしめて』と続くホイチョイ三部作の第1作。本作品のヒットがスキーブームの火付け役となった。

本作品内のスキー指導は、元アルペンレーサーの海和俊宏が行っており、劇中にも登場している。 矢野の吹き替えで滑走しているのは、当時のトップデモンストレーターである渡部三郎である。


私をスキーに連れてってのストーリー

某一流企業に勤める矢野文男は、会社では冴えない軽金属部の社員。ところがいったんゲレンデに出れば、誰もが舌を巻く名スキーヤーである。今日も会社を定時に上がり、仲間とクリスマススキーへ出かける。晩生の文男はなかなか女の子と喋れず、仲間が用意した女の子にも全く興味がない。

そこへ仲間のヒロコと真理子が、雪に埋もれている女の子を見つける。文男と泉と小杉が助け出すと、その娘に文男は一目惚れ。その雰囲気を敏感に感じたヒロコと真理子は、その娘と文男を強引にくっ付けようとする。娘は池上優といい、友人と二人でスキーに来ていたのだ。優と二人きりになれた文男だが、晩生ぶりは治らない。そこへ横槍を入れてきた泉は、連れてきた女の子を文男の彼女だと優の前で言い放つ。誤解した優は文男に嘘の電話番号を教えるが、二人は同じ会社の社員だった。



私をスキーに連れてってで社会的影響を与えたもの

アマチュア無線
携帯電話が一般化してない当時、劇中でアマチュア無線の無線機が仲間との連絡用に使用され、その便利さと機動力の高さがうまく表現されていたため、本作をきっかけにアマチュア無線家が急激に増えた。その急増ぶりは本作公開から3年後にアマチュア無線の呼び出し符号(コールサイン)が枯渇し、郵政省(現・総務省)の特別措置によってコールサインが追加されるほどだった。しかし、免許を持たない無資格者がアマチュア無線機をスキー場で不法利用する者が増加し、結果として不法無線局の増加を助長することにもなった。

ホイチョイのメンバー内に免許所持者がいたらしい。沖田は正規のアマチュア無線家である。

「映画に出て来たトランシーバー(アイコムIC-u2)を」と同機を指名買いする者も多数いた。

4WD自動車
劇中にて4WDが2WDより断然良いといったイメージを与えるシーンがあり、「スキーに行くには4WD」というのを一般化させた。当時は4輪駆動車の車種が少なく、SUVといった言葉も無かった。実際、劇中でのゲレンデ付近の渋滞で映る車のほとんどは乗用車であった。劇中で使用されたセリカは「スキーにセリカで行くのがオシャレ」と大人気となった。また、クルマに「Naeba」、「APPI」のステッカーを貼るのも流行した。

スキーブーム
本作品をきっかけにスキーブームが到来し、公開後から1990年代前半にかけて数年間続いた(レジャー白書によると、最盛期は1993年。スキー人口は1860万人にも及んだ)。この当時の人気スキー場ではリフト・ゴンドラの待ち時間が数十分から一時間というのも珍しくなく、高速道路の渋滞、宿が取れないなどといったことは常であった。ブームの時期がバブル期に重なっていたこともあり、新スキー場が多数オープンし、既存のスキー場ではゲレンデの拡張や既存リフト・ゴンドラの架け替えなどが相次いだ。

それまで、西武系のスキー場ではあったものの、昔の湯治場から発展してきた経緯を持ち、若い人が少なかった万座温泉スキー場が一転、おしゃれなスキーヤーであふれる事となった。それまでは、アクセスが悪い、標高が高く寒い、等といったイメージから若者に敬遠され気味だったスキー場で、滑走しているのは地元群馬県内のスキーヤーなどが多かったゲレンデが、一転して洒落た若者であふれた。特に女性は「ともよ」ばりのカワイイウェアで、白系ワンピにグラサンといったいでたちで登場するのが定番であった。そのあおりで、それまでは休日でも人が少なく、ゆっくり出かけても余裕の駐車スペースがあった万座温泉スキー場でも(まとまった駐車スペースは少なかったが)、スキー場へ向かう万座ハイウェーの料金所で、駐車スペース確保が困難であることを理由に、表万座スキー場へ誘導される程であった。

スキー人口の増加に伴い、当時非常に高価であったスキー用品の低価格化が進み、ブーム以前は10万円程度だったスキーセットがディスカウントストア等で2万円程度になるなど、ブーム以前より安価で購入できるようになった。これはスキーブームの恩恵、かつ要因であった。

本作品公開の6年後となる1993年に千葉県船橋市に日本初の大型屋内スキー場である「ららぽーとスキードームSSAWS」(通称「ザウス」)がオープン。ホイチョイ・プロダクションズによる「東京いい店やれる店」には同施設の評価が記されている。なお、ザウス自体は2002年に閉鎖、のちに解体されている。

トレンディードラマ
トレンディー性を特徴とする本作品は、映画の題名の通り「彼女ができたらとりあえずスキーに誘う」や「ゲレンデで彼女を見つける」といった風潮を作り、ゲレンデでおしゃれをするといったことも生み出した。トレンディドラマブームはこの直後となる。

プリンスホテル 本作品において、万座プリンスホテルがイベント会場、宿泊施設として、志賀高原プリンスホテルが映画の舞台として使われていたため、ゲレンデ前のホテルとしてプリンスホテルが不動のものとなったと考えられる。本作放映以後のスキーブームからは、ゲレンデ前のプリンスホテル(多くのゲレンデ前のホテルを所有していた)から客室の予約が埋まってしまうほど、「西武系のスキー場ならプリンスへ」というのが一般化した。スキーブームの終焉後、2006年から2007年にかけていくつかのプリンスホテル、スキー場の売却があった。西武系のスキー場はコースレイアウトが良い(リフトへの接続が楽である)と有名である。


私をスキーに連れてってにより流行り一般化したアイテム

・スキー
・スキーヘアバンド(現在は販売されてない)
・スキー板=ロシニョール ウエア=PHENIXという概念
(劇中ゲレンデ内で同様のセリフがある。)

・アマチュア無線機
・携帯型防水カメラ
・白いスキーウエア
・セリカGT-FOUR

後半部分に松任谷由実の曲「BLIZZARD」をバックにST165型トヨタ・セリカ GT-FOURのカースタントシーンがあり、大きくジャンプするシーンが有名である。

一般化アイテム

・携帯電話(シーンでは呉服屋で原田貴和子使用)
・スタッドレスタイヤ
・滑ったあとのビール
(サントリーの提供の為か、劇中で滑ったあとにビールを楽しみに飲み干すシーンが2、3度ある。)
・4WDの自動車

私をスキーに連れてってで流行した行為
スキーでのトレイン走行
トレイン走行とは、スキーをハの字にした前走者の足の間に同じくハの字にした後走者がスキーを入れ、これを3人以上の人が電車のように連なった状態で滑る走法をトレイン走行と呼称する。
劇中の焼額山スキー場にて上記の行為を行うシーンがあった影響により、トレイン走行をするスキーヤーが増えた。
技術的にはスキーの初歩であるボーゲンを縦に体を密着させて行っているだけなのだが、二人三脚同様、息が合わないと簡単に転倒するため事故につながることと、他人の迷惑となるため「トレイン走行の禁止」という立て看板が焼額山スキー場に立てられた時期があった。
現在は当然ながらその様な光景は見られない。


スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。