FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

九十九電機 究極のデコパソコン

“改造バカ”ことライターの高橋敏也氏が製作したユニークな“ヤン車”仕様のタワー型PC「入魂★デコPC」がツクモパソコン本店で展示中だ。手作りのため納品まで1ヶ月かかるとしながらも、なんと受注販売も行なっている。実売価格は464,900円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。
 このPCは、“ヤンキー”を題材としたスクウェア・エニックスのオンラインゲーム「疾走、ヤンキー魂。」と高橋氏、そして九十九電機のコラボレーションにより製作されたもの。Antecの「Nine Hundred」をベースに、金や紫、赤といった派手な色で塗装したり、側面に“3連ホーン”やエンジンマフラー、ミラーを取り付けたりと、まさに“ヤン車”の雰囲気。ちなみに、電源ON時には3連ホーンが爆音で鳴り響くそうだ。

 製作は高橋氏の手作業によるもの。1台ずつ製作するため納期は注文後1ヶ月で、注文後のスペック変更やキャンセル、返品は受けられないとしている。ちなみに既に購入者もいるという。

 主なスペックはCore 2 Quad Q9650、Intel P45 Expressチップセット、メモリ4GB(DDR2 1066、2GB×2)、Radeon HD 4870(ビデオメモリ512MB)、HDD 300GB(Western Digital製「VelociRaptor」)、BDドライブ(パイオニア製「BDC-S02J-BK」)、Windows Vista Ultimate。

スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。